2012年7月より外国人も住民基本台帳登録へ

法務省 入国管理局:日本に在留する外国人の皆さんへ2012年7月9日(月)から新しい在留管理制度がスタート!新窓

法務省入国管理局:特別永住者の皆さんへ  2012年7月9日(月)から 特別永住者の制度が変わります!新窓

この在留管理制度がかわることで、「外国人登録証明書」が廃止され新たに「在留カード」と「特別永住者証明書」に切り替えられるそうです。
どのようなカードになるのかはそれぞれのページに飛んで頂ければ見られるのでそちらでご確認ください。

そんな中、ひっそりとそのページに貼られているバナーにこんなものがあります。

総務省:外国人住民に係る住民基本台帳制度について新窓

改正のポイント
外国人住民の方にも住民票が作成されるようになります

日本の国籍を有しない者について適用を除外している現行の住民基本台帳法(以下「住基法」といいます。)が改正され、外国人住民についても住基法の適用対象に加えられることとなりました。
この結果、日本人と同様に、外国人住民についても住民票が作成され、日本人住民と外国人住民の住民票が世帯ごとに編成され、住民基本台帳が作成されることになります。

そして再度動き出す外国人参政権。
外国人参政権付与 民主議連が活動再開へ – MSN産経ニュース新窓
なにか関係があるのかどうなのか。いたち、気になります。

関連記事:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2012年7月より外国人も住民基本台帳登録へ
Share on Facebook

 

Leave a Reply