遊び心で神社を放火した少年が再建費約1億2千万円を請求される

明日は明日の風が吹く様より。

人生\(^o^)/オワタ 遊び心で神社を放火した少年3人 再建費約1億2千万円を請求される新窓

 昨年11月、「海道一の親分」と呼ばれた清水次郎長ゆかりの美濃輪稲荷神社(静岡市清水区)の本殿が全焼した放火事件で、神社側が、放火容疑で逮捕された少年3人と保護者4人らに、再建費用などとして約1億2千万円の損害賠償を求める訴訟を静岡地裁に起こしていたことが9日、分かった。

まあ、そりゃそうだろう。
ちなみに放火はいまでも最大刑は死刑です。

刑法より。

(現住建造物等放火)
第百八条  放火して、現に人が住居に使用し又は現に人がいる建造物、汽車、電車、艦船又は鉱坑を焼損した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

 

(非現住建造物等放火)
第百九条  放火して、現に人が住居に使用せず、かつ、現に人がいない建造物、艦船又は鉱坑を焼損した者は、二年以上の有期懲役に処する。
2  前項の物が自己の所有に係るときは、六月以上七年以下の懲役に処する。ただし、公共の危険を生じなかったときは、罰しない。

 

(建造物等以外放火)
第百十条  放火して、前二条に規定する物以外の物を焼損し、よって公共の危険を生じさせた者は、一年以上十年以下の懲役に処する。
2  前項の物が自己の所有に係るときは、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

まあ、年齢的に家裁送致で通常の刑事罰は与えられてないだろうし現住建造物ではないだろうけど。

 

Leave a Reply