子宮頸がんワクチン、サーバリックス、ガーダシルを射ってはいけない

子宮頸がんの副反応で苦しまれておられる方へ – 宮城県大崎市 | さとう内科循環器科医院 | 宮城県大崎市 内科 循環器科新窓)(魚拓

このエントリーを掲載の段階では「(この文章は取り急ぎ的まとめましたので、不首尾なものとなっております。後日修正していきます。)」と文頭にありますので、それを理解しエントリータイトルだけで脊髄反射せずリンク先をお読み下さい。

以前から子宮頸がんワクチンは効果がない、逆効果、副作用がひどいというのは散見していたのですが、病院のサイトで掲載ということでご紹介。

積山、宮崎、塩澤先生たちの実験と論文により、子宮頸がんワクチン、サーバリックス、ガーダシルの副作用の本態と深刻さが理解されるようになりました。SLEの発症=免疫システムの破綻、というところを是非理解しておくべきと思います。特にワクチンを推進した人たちにおいてです。

当方も副反応被害の分析は終わり、次の段階へ入ることが出来るようになりました。

予防と対策(治療)です。予防はとにかく、このワクチンは絶対に射ってはダメです。もともと効きません。副反応が起こったら人生がめちゃめちゃになります。

欧米のワクチン被害者の手記をお読みになればわかりますように、ワクチンの副反応はとても大変です。てんかんがおこる不安、酷い痛み、自由に動かない体、そのために自殺した方もおられるようです。

国が認めていれば安全、なんてことがないのは薬害エイズ訴訟などを通じて皆さん十分ご存じでしょう。
あとは皆様が読んで考えて頂けると幸いです。

関連記事:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 子宮頸がんワクチン、サーバリックス、ガーダシルを射ってはいけない
Share on Facebook

 

Leave a Reply